違った見方 穿った見方

アクセスカウンタ

zoom RSS BS-i(TBS) 地球千年紀行 月尾嘉男教授

<<   作成日時 : 2009/04/03 20:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

先住民の生活から、持続可能な、環境を守る、環境に適応した生活を学ぶという番組である。月尾嘉男教授がナビゲーターである。

昨年末「イロコイ」という言葉に引かれてはじめて見た。大学時代の教養科目の「文化人類学」で「イロコイ族のマナー」を学んだことがあったからである。いままで、マオリ族やアメリカ・インディアンなどについて6回放送されている。

そのときの番組では「イロコイ連邦」という複数の部族の共同体が昔からあったことが語られ、アメリカ合衆国の雛形になったこと、それに対するアメリカ合衆国からの感謝状が示される。

別の回では、乾燥地に住むナバホ族の環境に適応した生活が描かれた。与えられた自然をそのまま子孫に引き継ぐのが義務であると考えるため、水路を引いて灌漑することすらしない。白人社会がダムを造り、その電力や水でラスベガスが発展する一方、ダムのために生態系を含めた自然環境が破壊されたことを月尾教授が指摘する。カリフォルニアでは、白人が伐採して禿山になった地域の一部をアメリカ・インディアンが訴訟で取り戻し、白人が作った林道を埋め戻すことにより、植林することなく元の森林に復元しつつあることが報道される。また、ナバホ族のトーテムが蜘蛛であることやメディシン・マンの活動も興味深い。

アメリカ・インディアンが口々に語ることは「人間は自然界のトップに君臨するものではなく、全てを自然界に依存し、自然に寄与することの少ない存在である。」との趣旨の謙虚な認識である。

それらのアメリカ・インディアンの生活・思想を月尾教授が「エコシステムサービス」など最新の考え方から解説する。

涙が出るほど素晴らしい番組である。



IT革命のカラクリ?東大で月尾教授に聞く!
アスキー
月尾 嘉男

ユーザレビュー:
インターネットの本対 ...
あのころ、「革命」と ...
ITによって社会、産 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BS-i(TBS) 地球千年紀行 月尾嘉男教授 違った見方 穿った見方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる