違った見方 穿った見方

アクセスカウンタ

zoom RSS 養老孟司氏 「BSフジ プライムニュース」「BS日テレ 深層ニュース」 

<<   作成日時 : 2017/04/14 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

養老孟司氏は老荘思想の人である。私も老荘思想であるから、養老孟司氏の発言は心地よいし、啓発される。

老荘思想では、「万物斉同(万物は斉しく同じ、つまり万物に優劣はない)」で、地域がそれぞれの価値観でそれぞれ生活していけば良いと考えている。
最近の言葉で言えば、ダイバーシティ(多様性)である。
養老孟司氏の言葉に、そういう考えを見ることができる。

4月10日(月)放送のBSフジ プライムニュースでは、“受動喫煙”防止法案がテーマだった。
橋本岳氏(厚生労働副大臣 自由民主党衆議院議員)が法案推進の立場で意見を述べる。
鈴木俊一氏(自由民主党たばこ特別委員会委員長 衆議院議員)が喫煙者・タバコ生産者たちの立場から意見を述べる。
養老孟司氏は愛煙家で、常々感覚で感じることを重視しているから、「現代は気密性の高い部屋だから喫煙が問題になる。北海道・北欧など寒いところでは特に部屋の気密性が高く、といって外は寒いから喫煙に苦労する。」との体験を語る。
“受動喫煙”防止法案については、「法規制しなくても、日本では人々が喫煙をコントロールしている。」「法規制が必要なのはアメリカやシンガポールなど移民の国である。」と述べる。
養老孟司氏はグローバル化や移民反対なのだろうと思う。
司会者が感心した養老氏の発言は次のようなものである。
人はもっと自然に触れた方が良い。鳥は(人間にとっては)無用なものだけど、自然の中で生きている。
自然に触れれば、無用なものの存在を認めることに気付く。
障害者施設で障害者を皆殺しにしようとした事件があったが、あれは「役に立たない障害者を殺す。」という犯人の考えだった。
タバコについても同じようなことが言えるんじゃないか。

荘子で言えば「無用の用」の主張である。
最後に視聴者からの「養老氏はタバコには依存性があることを認めないのか。」との質問があった。
養老氏は「そうおっしゃるのなら、そうなんでしょう。」と言う。
「真実は一つしかない。」と考える視聴者は多分怒ったと思う。
そして、養老氏は「私は虫依存だ。昆虫採集が大好きなのだから。皆好きなことがあるでしょう。皆何かの依存症なのだ。」とした。


BS日テレ 深層ニュース
2017年04月11日(火)
#900 「老いの壁」を大解剖 長寿社会を楽しむ方法 養老孟司×福岡伸一
【ゲスト】養老孟司(解剖学者、作家)、福岡伸一(生物学者、青山学院大学教授)
福岡氏は「多くの動物は生殖年齢を過ぎると死んでしまう。チンパンジーや人間などだけが生殖年齢を過ぎても死なない。子供の成長に時間がかかるなど、長生きが種の存続に必要なのだと思う。」とした。
養老氏も福岡氏も「年齢を重ねて仕事や子育てから解放されたのなら、好きなことをすれば良い。」と言う。
養老氏は「子供のときから昆虫採集が好きだったが、退職するまで自由にできなかった。だから、今は昆虫採集を心ゆくまで楽しんでいる。昆虫採集は子供のすることだからマレーシアなどで地元の人に蔑んだ目で見られる。好きなんだから、それでも良いんだ。」と述べ、やはり昆虫採集が趣味の福岡氏もそれに同意した。

これも、「万物斉同」の考えで「人それぞれ好きなことをすればよい。定年後まで世間の価値観に合わせる必要はない。」ということなのだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
養老孟司氏 「BSフジ プライムニュース」「BS日テレ 深層ニュース」  違った見方 穿った見方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる