違った見方 穿った見方

アクセスカウンタ

zoom RSS GAL-N1159 中国製裸眼3Dタブレット その後

<<   作成日時 : 2017/06/16 08:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3D写真のビューアーとして、いままでの中で一番良いと思っている。

リアリスト・タイプのスライドビューアーから、立体写真を趣味にしている。
FINEPIX 3Dが出てから、デジタルになった。
FINEPIX 3D V1を持っている。
日立の偏光式の3Dテレビも買った。

それらより、中国製裸眼3Dタブレット GAL-N1159が3D写真のビューアーとして一番良いと感じている。

GAL-N1159に搭載されている3D写真を見るためのアプリは最初はMPOファイルは見れなかった。
いちいちステレオフォトメーカーでMPOからサイド・バイ・サイドのJPEGにしなければならなかった。
何回かバージョンアップがあり、現在はMPOファイルが見れるようになった。
FINEPIX 3Dで今まで撮った写真を全部タブレットに移し、見れるようになった。
ただ、シャープのスマホの3Dギャラリーと違って、ズームアップはできない。

充電式だから、どこでもいつでも見れる。
64ギガのマイクロSD対応で、たくさんの写真を保存できる。
解像度が高い。
8インチのスクリーンである。
満足している。

スライドで撮った立体写真もパソコンで読み込んで、ステレオフォトメーカーでMPOファイルにしてタブレットで見ている。

ただ、GOOGLE PLAY ストアが使えない。中国のアプリストアとアマゾンからしかアプリを取り込めない。
GOOGLEカレンダー、地図アプリ、ヤフー天気はとり込めた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GAL-N1159 中国製裸眼3Dタブレット その後 違った見方 穿った見方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる