違った見方 穿った見方

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊ニュース 深読み「うちの娘がアダルトビデオに!? どうする"出演強要"問題」

<<   作成日時 : 2017/06/24 23:32   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

未成年を含めたAV出演強要の話だった。

視聴者からの声は「甘い話には危険があるのは当たり前だ。AVに出演することになったのは自己責任だ。」というものが多いとのこと。

出演した弁護士、大学教授、映画監督、NHK解説員は「AV出演を強要された女性を守れ」と言う立場。
相田翔子さんもどちらかというと「AV出演を強要された女性を守れ」と言う立場。

林家 正蔵さんは「自己責任論」を語り始めたが、司会者とほかの出演者の発言の前に曖昧になってしまった。
「自己責任論」は視聴者にも多いと言うことだから、林家正蔵さんにもっと語らせてどうしてそういう意見なのか議論してほしかった。

世の中には無理矢理契約させようとする人間がたくさんいる。
新聞に乗馬体験の懸賞があったので申し込んだ。
乗馬体験のチケットが送られてきた。
指定された駅前で待っているとマイクロバスが来て、乗馬クラブまで行った。
2回騎乗できるということであった。
1回騎乗した。
受付の前のフロアのテーブルで休んでいると、担当者の女性が分割払いで入会するように言ってきた。
退職後だったので、分割払いより一括払いの方が私には経済的だったので、「入会するんだったら後日現金で払いますよ。」と答えた。
担当者はしつこく分割払いの契約書にサインするように求めてきた。
そこで、「2回目の騎乗が終わったら、一括払いで支払う契約をしたいと思う。」と答えた。
すると、担当者は「契約しないと、2回目の騎乗はできませんよ。タダ乗りになっちゃうじゃないですか。」と言って、サインを迫ってきた。
「こりゃ、普通のところじゃないぞ。」と感じたので、「じゃあ、2回目の騎乗はいいです。」と言って、乗馬クラブを後にした。当然マイクロバスで送ってくれないので、路線バスで帰った。
認知度が高い乗馬クラブでも強制的に契約させようとするのかと驚いた。

オープンスペースで女性担当者だったから、帰れたんじゃないかと思う。
閉ざされた空間で男性担当者だったら、帰れなかったかもしれない。
これが、勧誘される方が十代・二十代の女性で、勧誘する方が男だったら、サインするまで帰れないのが当然ではないか。増して勧誘する方が複数だったら、サインするまで帰れないだろう。
法律知識もない十代・二十代の女性に、自己責任論はきびし過ぎるのではないかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊ニュース 深読み「うちの娘がアダルトビデオに!? どうする"出演強要"問題」 違った見方 穿った見方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる