違った見方 穿った見方

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍信者の友人に呆れる

<<   作成日時 : 2017/07/13 09:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年に一度くらい大学時代の友人が出張で私の行動圏にやってくるので、会うことがある。

友人は「俺は安倍支持者じゃないよ。」と言うが、言うことから安倍信者であることは明らかである。

以前私は「安倍晋三は富国強兵を目指している」と思っていたが、2014年に「安倍政権が史上最大の貿易赤字を記録したこと」を知った。それでネットで調べると、貿易赤字どころか、不動産の外国人への安売り、道州制と、安倍政権は売国政策に勤しんでいることが分かった。

そこで、2015年に友人と会ったときに「安倍政権が史上最大の貿易赤字を記録したこと」を話した。
このとき私は友人が安倍信者とは知らなかった。
友人は円安で貿易黒字だと思っていたようで、驚いたようだった。
すると、友人は安倍政権を弁護しようと考えた。「貿易赤字の原因は原発停止により原油の輸入量が増えているためだ。」と言う。
私は既に貿易赤字の原因は原油の輸入量が増えているためではなく円安のためだと知っていたが、増えているか増えていないか水掛け論になるのを避けるため「そうだとしても、原油を大量に輸入する時に円安にするのは政策がおかしい。」と答えた。友人は沈黙。
このときは、私も友人も「貿易赤字は好ましくない」という前提で話していたことは間違いない。

ところで、今年2017年に会ったとき「安倍政権下で史上最大の貿易赤字を三年間更新したこと」を話した。
すると、友人は「貿易赤字でも問題ない。」と言い出した。
そこで、私は「貿易赤字だと外貨準備高が減っていって、・・・・・」と貿易赤字が良くないと語り始めた。
と、友人は私を遮り、「赤字でも黒字でもどっちでもよく、長い目でバランスが取れりゃいいんだよ。」とまくしたて続ける。
「バランスだといっても、史上最大の貿易赤字は拙いだろう。」と言えればよかったが、友人の短い時間でのあまりの変節と大声での反論に驚いて私は言葉もなかった。

不動産の外国人への安売り政策についても話した。
外国人の不動産取得は安全保障上大問題であると私は言った。
すると、今度は友人は論点をすり替えた。
「それは相互主義の問題である。中国は自国では外国人の不動産取得を禁じているのに、日本で中国人が不動産を買うとは中国人はなんて汚いんだ。」と友人は言った。
私が「それなら、日本が外国人の土地取得を禁じなきゃ。」と言っても、何を言っても、友人は「中国人は汚い。」の一点張りだった。

道州制については、友人は馬鹿げた政策だという。
私は「安倍政権は北海道を特区として道州制を進めている。」と言ったが、友人は何も語らず。
「国土交通省のホームページでは、道州制は連邦制どころか軍・国会を道州に分割すると書いてある。」と私が言っても、友人は何も語らず。

国連憲章の敵国条項についても話したが、友人は知っているという。
「敵国条項があるのに敵地での戦闘を憲法で規定したら、攻撃されちゃうよ。」と私が言うと、友人は「敵国条項はおかしい。」とだけ言う。
「国連は戦勝国中心の体制であるのだから、日本は敗戦を認めて敵国条項を削除するように行動するしかないのじゃないか。」と私が言うと、友人は「それはいやだな。」と言う。
「それじゃどうするのか。」と訊くと、「誰か何とかしてほしいよ。」と思考放棄。

「安倍信者は敗戦を受け入れられない人間」だと分かった。
不都合な現実に対し反論の理屈を見つければ大声でまくしたて、反論できないと現実を無視するのだ。

「改憲 敗戦」で検索したら、小林節氏の発言の報道を見つけた。
そこに「日本会議の人々に共通する思いは、第二次大戦で敗けたことを受け入れ難い、だから、その前の日本に戻したいと。」との記述がありました。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6852.html

頭のおかしい友人から今後連絡がないことを祈っている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍信者の友人に呆れる 違った見方 穿った見方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる