違った見方 穿った見方

アクセスカウンタ

zoom RSS カエサル「人は見たいものしか見ない」

<<   作成日時 : 2017/08/09 08:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

籠池氏や加計学園問題で安倍政権の支持率が下がったが、内閣改造でまた支持率が上がった。

日本の不動産を外国人に売るなど売国政策を進めている安倍政権が早く倒れるのを心から望んでいるが、安倍信者の友人と話してそうはなりそうもないと思っている。

私が数年来感心している曲はドゥービー・ブラザーズの「ホワット・ア・フール・ビリーブズ」である。
「愚者は自分の信じるものを見る。賢者でもそれが間違っていることを愚者に分からせることができない。」と歌っている。
カエサルは「人は見たいものしか見ない。」と言っているそうだ。
インターネットを見たり、安倍信者の友人と話して、ドゥービー・ブラザーズやカエサルは正しいと思った。

多くの人間は一度信じたことを変えることはできないようだ。
信じたことに反する事実を見ると、無理矢理矛盾を説明できる理由を探す。
理由が見つけられないと、なんと事実を無視するのである。

つまり、多くの人は「事実と仮説をすり合わせて、正しい仮説を発見する」という科学的な態度ができていない。
ブッダの八正道でも「正見」が一番初めである。
物事をありのままに見ることがまず大事である。

しかし、人間はどうしても見方・思考に偏りが出るから、「ホワット・ア・フール・ビリーブズ」を頭の中で歌いながらいつもそれに気付けるようにしている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カエサル「人は見たいものしか見ない」 違った見方 穿った見方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる