敗戦否認者の最終目的は日米戦争だ

白井聡氏の「敗戦否認論」に感心したが、対米従属の部分が分かりにくい。 日本の支配体制の存続を許してくれたアメリカに従属するようになり、アメリカが天皇あるいは天皇の上の存在になったのだと言う。 敗戦否認者のネットでの発言を見てみると、「日本はアメリカにしか負けていない」と言う記述を散見する。 白井氏と同じことなのかもしれないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚いた!改憲派の小林節氏が日本共産党への投票を訴えている

ツイッターを見ていたら、憲法学者の小林節慶應義塾大学名誉教授が日本共産党への投票を訴えている動画があった。 https://twitter.com/i/status/1149295758048256000 何年も前、ワタミ創業者の渡邉美樹氏が理事長の学校法人郁文館で校長を勤めていた小林節氏のドキュメンタリーを見た。 小林節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 八つ墓村 萩原健一 小川真由美 渥美清出演

落ち武者殺しの伝説、32人殺し事件の描写は、首を切り落としたり、目を竹やりで突いたり、凄惨に描いている。 特に、山崎努の32人殺し事件は迫力満点。 8人の落ち武者が夏八木勲や田中邦衛や稲葉義男、主人公の親戚に市原悦子、小川真由美、山本陽子、他にも出番は少ないが大滝秀治、夏純子、島田陽子、下條正巳、下條アトムなど豪華な出演者。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発 電源喪失 安倍の鉄面皮

2006年 第一次安倍内閣のときに日本共産党の吉井英勝議員が原発の電源喪失の危険性について質問した。 内閣総理大臣 安倍晋三は「きちんとやっているし、過去に例もないから、電源喪失はありえない」との旨を答弁し、電源喪失に対する対策を拒否した。 2011年菅内閣のとき、東日本大震災が起き、電源喪失により福島原発の大事故。 マスコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユングのフロイト殺しの夢

映画「危険なメソッド」はユングのフロイトやシュピールラインとの関係を描いた映画である。 3人とも精神分析医である。 ところが、ネット上の映画の感想の中で精神分析的な感想は皆無である。 映画ではユングがフロイトを邪魔者と思っているという夢が語られている。 ところが誰も言及していない。 「ユング」で検索して次のサイトを見つけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ELEPHONE P11 3D を買う ついでにZTE V5 K3DX-V5G

ALIEXPRESSで「ELEPHONE P11 3D」を買った。 注文して1週間たっても売り手は発送しなかった。 送るように催促した。 すると、予約してから入荷するので売り手の手元に届くまで30日かかるという。 注文から30日たったのに発送しないので、催促した。 すると、売り手はすぐ発送した。 売り手は発送を忘れていたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40年以上所得税は減税

消費税2%上げる上げないで大騒ぎになっています。 それに伴い手間と費用がかかる「軽減税率」も実施しようとしています。 ところが、1980年ごろから所得税が減税になっていることは報道されません。 2%、10%どころではありません。 所得税の最高…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍信者の思い「大日本帝国はアメリカにしか負けていない」

「年金2000万円不足問題」「消費税増税」「軽減税率」 安倍政権のやり方にはいろいろ問題があると思う。 安倍政権が倒れることを心から願っているが、安倍信者が国民の半分だと考えるとなかなか難しいと思っている。 安倍信者にとっては「大日本帝国復活」以上に重要な問題はないからである。 敗戦否認と対米従属。 白井聡氏の指摘通り、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税の逆進性

「消費税 逆進性」で検索すると、「消費税の逆進性」をはっきり説明したサイトは見つからない。 「消費税の逆進性」をぼんやり説明して、「軽減税率で緩和できそうだ」という結論で終わるサイトが多い。 何度も説明しているが、今回も分かりやすく説明する。 所得=消費+貯蓄 収入から経費を引いた額が所得である。 所得から光熱費・食費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミ袋有料化

私は10年以上マイバッグを使っているから、大賛成である。 NHK-BSの世界のドキュメンタリーで10年以上前からレジ袋による海洋汚染を報道している。 近くのスーパーにはバックパックで行って、買ったものはその中に入れている。 モデルで俳優の杏さんも「ネギを買ったときはバックパックからネギが出ちゃう。」と言っていたから、マイバック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイキング 年金生活2000万円不足問題 そのまんま東

基本的には安倍・麻生の真相隠しの報道だった。 しかし、そのまんま東が「野党も批判ばかりしてないで、建設的な議論をしてほしいですね。」と締めくくった。 安倍政権の擁護者は、安倍政権の責任を野党に転嫁することをよくしている。 八代英輝は「いわゆる移民法、入国管理法改正が通ったのは、野党がうまく反対しないからだ」と入国管理法改正を野党に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売春少女を批判する人たちの精神分析をする

虐待などで家に居場所がないため夜街をうろつき、泊めてくれた男性に性関係を迫られ、それ以降売春で生きていくようになった少女たちを救おうとしている女性がいる。 その女性がそういう状況を世の中に訴える展覧会を開いた。 http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/251174.html ところが、それを批判する人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刺青もピアスも自傷行為だと初めて知った

映画「ヘルレイザー」が好きだ。 セノバイトは自分たちのことを「体験のさらなる領域における探索者・探究者」と言っている。 刺青やピアスをする人たちをそう思っていた。 コレクターのように自分の体に刺青やピアスをコレクションとして刻んでいるのだと思っていた。 テレビ番組の「クレイジージャーニー」で白目にも刺青した全身刺青男がボディ・サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命」という言葉で美化する

「運命」という言葉で何でも正当化・美化できる。 また、「運命」という言葉で受け入れがたい事態を受け入れることができる。 例を挙げる。 1.マニフェスト・デスティニー 明白な運命、明白な使命と訳される。 西に向かって文明化していくのがアメリカ合衆国の「明白な運命、明白な使命」とする。 西部開拓を正当化し、それに伴う先住民虐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命」の「愛」に責任転嫁する

映画「トーク・トゥ・ハー」の内容は、「介護士が、ストーカーしていた女性が意識不明になったことをいいことに介護の挙句妊娠させる話」である。 しかし、多くの人が「涙が出てくる良い映画」としている。 介護士の女性に対する行為を「運命」の「愛」と考えているようである。 そして、介護士が自殺した後、介護士と親しくなっていた男性が意識を回…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

やっぱり危ないユング心理学

映画「危険なメソッド」を見て、ユング心理学は信用できないと思った。 「ユング 批判」で検索した。 ユング心理学者の河合隼雄による「心のノート」についての批判があった。 http://www.syuppan.net/kyoto/s2-kokoro-01.htm 「心のノート」は文部省により教育に導入されているそうである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ポンヌフの恋人

これも酷い映画だった。 wikipediaのあらすじだけでも酷い映画だと分かる。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%95%E3%81%AE%E6%81%8B%E4%BA%BA 裕福な家の娘が家出。 大道芸人が、その家出娘と出会い好意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 トーク・トゥ・ハー

ユングの欺瞞的な生き方を考えていたら、昔見た映画「トーク・トゥ・ハー」を思い出した。 介護士が昏睡状態の女性を献身的に介護する。 それだけならいいが、なんと昏睡状態の女性を妊娠させてしまう。 あんまり酷い話なので、それだけ覚えている。 一部の人はこの映画を「吐き気のする最悪の映画」としている。 しかし、この映画を純愛映画と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸山穂高の発言は創生日本での内閣総理大臣補佐官 衛藤晟一の発言と同じだ

内閣総理大臣補佐官 衛藤晟一は創生日本の会合で、稲田朋美の「改憲して正規軍を設ける」の発言を受け「使っていきましょうよ。北方領土、竹島、尖閣列島を軍事利用していきましょう。」と語っている。 https://81251650.at.webry.info/201904/article_4.html 丸山穂高の発言と大差ない。 丸山穂高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学問も人柄だ

映画「危険なメソッド」を見て、ユングの酷い人間性に驚いた。 ユングの夢からフロイトは「ユングは抑えがたい性衝動を持っており、フロイトを邪魔な存在と思っている」と夢判断している。 ユングについて検索すると、映画の内容に沿った事実があったようだ。 ユングは妻と住む家に愛人と住もうとしている。 何人も愛人を作ったようである。 フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more