与謝野馨大臣 日本原子力発電株式会社OBが「原子力発電(原発)の継続」を語る恐ろしさ。

15日に会見で与謝野馨大臣が「ほかに代替エネルギーがない我が国では原子力発電を続けるしかない」と言っていた。
福島の原子力発電所の事故が収束しない現在、政府が「原子力発電の継続」を言うのは時期尚早ではないかと思った。

そこで、与謝野馨の経歴を見てみた。なんと日本原子力発電株式会社のOBだった。
与謝野馨のホームページでは、「中曽根康弘の紹介で入社した経緯」が書かれている。
日本原子力発電株式会社は全国の電力会社が株主の、原子力発電所の建設・運用・発電を行っている会社である。
そういう会社のOBが、政府として「原子力発電の継続」を発言することは恐ろしいことだと思った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック