違った見方 穿った見方

アクセスカウンタ

zoom RSS 上田晋也のニッポンの過去問 最終回「マンション耐震偽装問題の真相とは?」

<<   作成日時 : 2017/03/19 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒューザーの元社長小嶋進氏が出演した。

当時、マスコミは耐震偽装の首謀者として小嶋進氏を叩いた。
最終的には、以下の事実が明らかになった。
耐震偽装は設計士の姉歯が一人で始めたことで、それをチェックするはずのイーホームズ社は偽装を指摘せず、マンション建設が始まった。マンション完成後イーホームズ社が耐震偽装を指摘し、ヒューザー、イーホームズ社、姉歯が会合を持った。直後ヒューザーはマンション購入者にマンションを引き渡した。

小嶋進氏はマンション購入者にマンションを引き渡したのは販売会社との行き違いであるから、詐欺ではないと主張している。そこで、販売会社との電話の録音を小嶋氏は提示する。
確かに「姉歯の設計したマンションは引き渡すな。」と言っている。
その後「明日引き渡すマンションはどうするかって。あるならそれは引き渡して。」と言っている。
多分それが行き違いの会話である。これでは故意は立証できない。
この録音は裁判で証拠として採用されなかったとのことである。

イーホームズ社が耐震偽装を指摘した直後、小嶋氏はイーホームズ社や設計の審査制度の責任がある国などへの損害賠償の訴訟を検討するように部下に指示している。
----------------------------------------

証人喚問のときから私は小嶋氏に責任はないと感じていたが、マスコミも家族も小嶋氏を悪人扱いしていた。

姉歯はもちろん建築基準法違反で有罪になったが、耐震偽装を審査できなかったイーホームズ社や制度の責任がある国などは追及されていない。小嶋氏はその問題を現在も追及している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上田晋也のニッポンの過去問 最終回「マンション耐震偽装問題の真相とは?」 違った見方 穿った見方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる